ページの先頭です

このページの位置です:

TOP  >  京都子育てタイムズ  >  おでかけ  >  京都発!春休みは家族でイタリア(2) ~イタリア滞在編~
京都子育てタイムズ:おでかけ:

京都発!春休みは家族でイタリア(2) ~イタリア滞在編~

夫の海外出張にかこつけて、子ども3人を連れて出かけたイタリアはピサ。3人の子をつれて、重たいトランクを引きずって、長距離電車での国内移動。現地では退屈する子どもたちの遊び場探しに…お母さんも奮闘しました。

電車の移動は楽しく重い

ミラノ空港に到着したのは午後も半ば、空港バスに乗ってミラノ中央駅に向かいます。駅の近所のビジネスホテルに1泊した翌朝、電車を乗り継いで目的地のピサに行く予定です。

ところが、予約したホテルにチェックイン手続きをしている後ろで遊びだす子ども3人。実は、1部屋3人までという法律がイタリアにあるそうです。「子どもが赤ちゃんなら目をつぶるけど、あれじゃあね…」と、2部屋に分けられました。

子どもを抱えて荷物を抱えて

ついた当日は、夕食で入った駅中のビュッフェで食事。
店のお姉さんに末っ子が抱っこされたり、「チャオ!ボンジョルノ!」と通りすがりの男性に声をかけて手を振り、ビックリさせる息子。
「元気だね~」と、イタリア人も子どもたちを暖かい目で見てくれているようで、子連れには居心地がいいのです。

さて、ヨーロッパのプラットフォームは低いのです。何が困るかというと、重いトランクをどっこいしょと持ち上げて、ステップを上がって電車に乗り込まなければいけません。大人2人で活発な乳幼児を3人、車内へいざないつつ、トランク2つにサブバッグに…死にそうです。

そんな時、女性がにこやかに私が持っていた巨大トランクを持ち、車内まで運んでくれました。
イタリアの人は親切だなぁ…。
と思って「グラッチェ」とお礼を言うと、なにやら紙切れを渡されました。
「???」と思って読んでみると…夫が「あ、ロマ(ジプシー)だよ」とぽつり。
「細かいお金持っていない?」「う~ん、ないよ」
仕方ないなぁ…と夫がユーロ札を渡すと、女性は、紙切れを回収し、満面の笑みを浮かべて「グラッチェ!ボンビアッジョ」と立ち去っていきました。

電車を乗り換えるたびに、紙切れを配って物乞いする子どもや女性が乗ってきます。首を振って「No」と伝えれば、特に害がありません。
が、親切にしてもらうと断りきれないです…しかし、10ユーロはきっついなぁ。

初めての光景に子どもたちはわいわいがやがや、電車の中でも賑やかです。うるさくて他の乗客にしかられないかひやひやしていました。が、「かわいいねぇ」「どの子が一番かわいいかなぁ」とか子どもをチェックしている老夫婦もいて、逆に和やかな雰囲気で過ごすことができました。

しかし、さすが遺跡の町、ピサ。駅にはエレベーターやエスカレーターなどなく(どこかにあったのかもしれないが、見つからなかった)、重い荷物を運びながらの移動はきつい! )

ピサの斜塔でお腹いっぱい

宿泊先の裏庭でサッカーをする息子

さて、宿はピサのメインストリートにあるB&B。男の子のお子さんがいる素敵なママンが経営している宿です。メインストリートの商店街に面し、広い裏庭の木にはたわわにレモンが実り、リクガメが放し飼い。子どもたちは大喜びで走り回っていました。

が、せっかくなので観光だ!と、地図を頼りにピサの斜塔を目指します。町はほとんど石畳ですが、それほど痛んでいなく、日本製の華奢なバギーでも耐えられそう。

そこで、ベビーカーを忘れたことに気づきました。持って来ればよかった…歩くのに飽きて抱っこをせがむ2歳児に途方にくれる私。 小2の長女と年中の長男は、先先に駆け足でいきます。

「あ!」

突然、木々の隙間から傾いた建物が…アレがまさしくピサの斜塔!
子どもたちが「わー!」と叫びながら、走り出していきました。斜塔の周りは観光客だらけ。ほとんどお祭り状態です。

ひとしきり記念写真を撮り、他の観光客の人から頼まれて一緒に写真を撮ったり、一緒に盛り上がりました。

ペットボトル蹴りで遊ぶ末っ子

それにも退屈すると、空のペットボトルをボールに見立てて、芝生の広場でサッカーをしだす息子。「立ち入り禁止なんじゃ…」と肝を冷やしながら注意しようとすると、ニコニコしながら息子を見守っている係りのおじさん。ランチ時のいい天気には、お弁当を広げてピクニックしている人も多いです。

世界中からの観光客はおろか、地元の学童たちが遠足に来ています。人数は圧倒されるけど、古都京都と様子がとても似ています。世界遺産が身近にある生活なんて、すごい!京都在住のわが子たちも幸せなんだなぁ…とシミジミ。

しかし地図を見ると、徒歩圏内で子どもが遊べそうなところは、ピサの斜塔の芝生か植物園しか見当たりません。ぶらぶらしていても、大きな道路以外は交通量があまりないのでそれほど心配ではないのですが、結局滞在している日は毎日、斜塔もうでをしていました。有料ですが博物館もあり、見飽きないのです。

斜塔のてっぺんから街を望む

斜塔は8歳から登ることができます。私は8歳になる娘と登ってきました。高所恐怖症の私にとっては、かなりきつい体験でした。娘は「むっちゃおもしろかった!」とご満悦。長男次女も、「登りたい!!!」 うんうん、8歳になったらね~となだめるのに苦労しました。

Il Bar(カフェ)でくつろぐ子たち

気になるのがトイレですが、有料ですがいつも混んでいるようです。しかし、係りの人はとても親切。トイレに駆け込むわが子の姿を見て、すかさず子ども用の補助便座を渡してくれました。我が家にあるのと同じだ…育児用品は万国共通?

スーパーやコンビニは、滞在中は見つけることができませんでした。小さい1ユーロショップがありましたが、日本の100円ショップを知る我々からは、ちょっと貧弱に見えます。

小腹が空いたときは、近所のBar(カフェ)で、パニーニや水を購入していました。慣れると、子どもたちは勝手に注文して買っていました。

イタリアの働くママ・合理的なイタリア式商売

夫の勤務先のそばに保育園があり、9時前になると出勤前に子どもを預けに来るママチャリでラッシュになっていたそうです。メインストリートでも、スーツに身を包んでママチャリを飛ばす母親の姿をよく見かけました。

夕方4時を過ぎると、仕事帰りに子どもやママ友さんと一緒に、オープンカフェでお茶しながらおしゃべりするお母さんの姿が…優雅でかっこよくて、うらやましい!

イタリアでは1週間に働く時間の上限が決まっているそうで、それを破ると会社側が罰せられるとか。お金はそんなに稼げないけど、時間にゆとりがあり人生を楽しんでいる、そんな雰囲気が短期間での滞在でも感じられました。

おもちゃ屋でレゴブロックにありつけた息子

働かないのはお店も同じようで、ワークタイムの平日昼間は、しまっている店が結構ありました。
中でも、長男が見つけた「おもちゃ屋」。でかいレゴ人形が飾ってあるのに、いつ行ってもしまっています。空いている時間は平日ランチタイムの30分と、夕方3時間だけ。親が仕事中の時間、子どもが学校に通っている時間帯は、店を開けるだけ損って感じの様子です。

しかし、どうしてもおもちゃが欲しい息子は毎日通い続け、4日目にして、やっと店に入ることができました。悩んだ挙句、レゴでできたすごろくを買ってもらった息子。品揃えも、日本と同じようで微妙に違っています。オモシロイ!

イタリアになじむ子どもたち

イタリアに来たからには、イタリア料理を楽しまなくては。とほとんど毎日外食でした。私達夫婦は、いろいろなお店を食べ歩きしたかったのですが、最初に入ったBarのラザニアを息子が大変気に入り、
「あのおじちゃんが作るラザニア以外は認めない!」宣言。頑固な息子を説得して、他の店も食べてみたものの、「あんなの、ラザニア違う」とのこと。滞在期間6日間は、ほぼ毎日「ラザニアのおじちゃんの店」に通っていました。おかげで、食後のコーヒーはいつもサービスしてくれました。

おじちゃんのラザニア!!

宿にいるときは、子どもたちはずっとテレビ三昧。イタリアの子ども専用チャンネルのアニメばかりみていました。日本でもおなじみのポケモンや、「パワーレンジャー」という「シンケンジャー」を欧米風に改造した番組など、言葉が違えどなんとなく見ていると理解できるようです。イタリア語の語彙が若干増えたもよう。特に、なじんでしまった息子は、レストランでは「ボーノ!」、タクシーの運転手さんには「ボンジョールノ、セニョール」と挨拶して、現地人に受けていました。

そんなイタリア旅行も、あっという間に終り、帰途へ。
帰りの飛行機では、「おじちゃんのラザニア食べたい…」とつぶやく息子。「レモンのジェラート、また食べたい」という長女。「8歳になったら、またピサに行って斜塔に登るの」と宣言する次女。子どもたちにも、今回の旅行は、何かしら響くものがあったのかな、と思います。

帰国してから、ラザニアを輸入食材屋で購入し自宅で作れど、あの味は再現できずにいます。
日本のラザニアに満足できず、「あのラザニアのおじちゃんのラザニア食べたい…」と、いまだにぶつぶつ言ってる息子。次に行く機会があったら、地元の学校に放り込むぞ!とか考えてしまうこのごろです。

 

 

※このコラムについてのコメントは掲示板「交流・相談カフェ」パワーアップ☆カフェへ!

 

ライタープロフィール: ゆきるん

大阪出身。Webデザイナー&IT講師。東京から京都の町家に移住して9年目。夫と、小学3年生・年長男子・3歳女子と3人の子どもたちと共に、まったりと?和の生活を満喫中。最近は、家族全員を釣りマニアにしたい夫に連れられ、毎週釣り三昧しています。

おすすめ! おふぃすパワーアップの本

「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.13」「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.13」
強力サポート 良い園に入れよう!

もっと知りたい! 子どもの教育・保育環境
預け徹底ナビ-幼稚園・保育園・認定こども園・小規模保育事業・企業主導型保育事業
地域のいろいろな園
幼稚園・保育園・認定こども園・小規模保育事業 地域別リスト
<京都市・向日市・長岡京市・宇治市>
「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.12」「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.12」
強力サポート 良い園を選ぼう!

子どもを伸ばす園の取り組み
預け徹底ナビ-幼稚園・保育園・認定こども園・小規模保育事業・企業主導型保育事業
予防接種についてもっと知ろう
「京都子連れパワーアップ情報16号」好評発売中!「京都子連れパワーアップ情報16号」好評発売中!
創刊25周年記念号!「京都の教育大特集号」
強力サポート 子どもの進路
・キャリア教育・京都の私学紹介・公立高校入試制度・国公立校紹介
特集1:いろいろな習い事&学びの場
特集2:気になる子どもの教育&教育費
「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.11」「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.11」
かしこいママ・パパの園選びを応援!
強力サポート 良い園に入れよう!
「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.10」「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.10」
かしこいママ・パパの園選びを応援!
こんなに違う!?幼稚園・保育園・認定こども園
京都パパ応援フェア記録京都パパ応援フェア記録
ヒント満載!始めよう、一歩!
主催:京都府
京都府少子化対策キャンペーン事業 第4弾
京都子連れパワーアップ情報15号京都子連れパワーアップ情報15号
親子で本物の京都を体験!「知る・見る・食べる」保存版!
特集1 家族で京都を体験しよう!
特集2 京都の食大特集
特別企画 ファミリーでお出かけ 写真コンテスト作品発表
京都子連れパワーアップ情報14号京都子連れパワーアップ情報14号
「教育特集号」自立できる子どもへ~親の関わり~
保存版!学力UPのお出かけ先いろいろ
特集1 私立・国立小学校&私立中高の魅力 徹底取材
特集2 働くママ必見!学童保育 気になる放課後の過ごし方
特集3 注目の習い事
<特別企画>子どものトラブルどうする!不登校・行き渋り
「京都子連れパワーアップ情報13号」「京都子連れパワーアップ情報13号」
創刊20周年記念 保存版!子どもの医療・相談特集号
特集1 かかってからでは大変!予防接種を受けよう!
特集2 アトピー・アレルギー対処法
特集3 気になる子どもの病気&地域のお医者さんいろいろ
「京都子連れパワーアップ情報12号」「京都子連れパワーアップ情報12号」
保存版!
京都の教育まるごと大特集号
小学校・中学校・高校まで、先が見える情報満載!
「京都子連れパワーアップ情報11号」「京都子連れパワーアップ情報11号」
食まるごと大特集第1弾!
保存版 子連れで行けるレストラン117軒を掲載。
アレルギー対応ありのお店が一目でわかるアレルギー対応マーク付き!多くのパパ・ママからのクチコミ情報もたっぷり!

おふぃすパワーアップの本の購読方法&取り扱い書店

おでかけ

ログイン

新規登録

ユーザ名、パスワードをお忘れの方はこちら

イベントカレンダ

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2019年07月 次月
1
2
3 子連れOK! 園選び・入園セミナー 【幼稚園・保育園】
4
5
6
7 親子で学ぶアンガーマネジメント in 関西2019夏
8
9
10
11
12 子連れOK! 園選び・入園セミナー 【幼稚園・保育園】
13
14
15
16
17
18
19
20 子育てセミナー第一回「保育園の選び方」in 京都市国際交流館
21
22
23
24
25
26 てづくり広場2019
27 てづくり広場2019 2019 幼稚園・保育園・認定こども園情報交換会
28 京都語り部の会 第35回ミニお話し会
29
30
31
2019-07-20
  • -- 2019 幼稚園・保育園・認定こども園情報交換会

カレンダの終端です。

イベント一覧を見る
携帯電話からもご利用になれます

友だち追加

facebook

マザーズジョブカフェ:働きたいママを応援!お子様連れでもお気軽に!(ジョブパーク)

優秀賞 関西ウェブサイト大賞2010 主催:近畿総合通信局・近畿情報通信協議会

パワーアップ教育企画 あすのび教室

おふぃすパワーアップの業務案内。お仕事受けます! 冊子制作/取材・/執筆/テープ起こし/DTP/イラスト/子育て講師など

サイトの終端です。