ページの先頭です

このページの位置です:

TOP  >  京都子育てタイムズ  >  おでかけ  >  如意ヶ嶽(大文字山)をたんけんしよう!
京都子育てタイムズ:おでかけ:

如意ヶ嶽(大文字山)をたんけんしよう!

京都市で手軽にハイキングといえば大文字山でおなじみの如意ヶ嶽ですが、実は大文字山から如意 ヶ岳にかけての一連の山城遺跡でも有名です。トレッキングを兼ねて、親子で山城遺跡巡りに出か けませんか?

如意ヶ嶽(大文字山)の遺跡を探しに行こう!


大文字山には幾つかの登路がありますが、鹿ケ谷からの道を選びます。銀閣寺の南にある霊鑑寺そばにある鹿ケ谷門を、上へ上へと昇って行きます。ちなみに霊鑑寺はツバキで有名。普段は非公開です。

鹿ケ谷門から川に沿った急な坂道を登っていきます。結構道がきついですが、振り返ると京都市街地がよく見えます。


波切不動(瑞光院)からから山道となります。今回歩く道は京都一周トレイルの一部で、道標などもしっかりしています。





霊鑑寺に沿って東へ登り、送り火の火床は通らず、大岩(奇石)を経由し、大文字山山頂より東の「四つ辻」に至るこのルートは、京と近江の近道とされ、「如意越(にょいごえ)」と称されます。
 


如意寺の遺跡を調べてみよう!


沢沿いに登っていくと滝が見えてきます。これが楼門の滝です。楼門の滝を通って、熊野三社跡、賽厳院あとなどを見ていきます。