ページの先頭です

このページの位置です:

TOP  >  京都子育てタイムズ  >  デンマーク子育てウォッチング  >  第52回 日常が崩れそうになったとき
京都子育てタイムズ:デンマーク子育てウォッチング:

第52回 日常が崩れそうになったとき

長い子育て期間を振り返り「あの時は本当に大変だったなぁ」と思うことは誰にでもあるでしょう。でもその「大変」の渦中にいるときは、本当にどうしたらよいのか、暗いトンネルの先が見えないもの。私たち夫婦もそんな時期がありました。

息子の癇癪


息子が5歳の時。日の出が遅いデンマークの冬は、室内がセントラルヒーティングで温かく保たれてはいるものの、起きるのは辛い時期。それが十分に分かっている私たちは、息子に起きてほしい30分前から逆算し、ランプを少しずつ明るくしたり、ラジオをかけたりして、ゆっくり起こすようにしていました。それでもなかなか起きられない息子。起きてほしい時間を10分、15分と過ぎてもなかなかベッドから出られません。朝食もいらない、ぼくはまだ起きたくないの一点張り。タイムリミットが近づいて、もうしかたがない!強硬手段!ごめん!息子、と布団をめくり、彼を起こすと、大爆発。大泣きする息子に無理やり服を着せ、靴を履かせて家を出る、そんな日々が続きました。
大爆発は朝に限ったことではありませんでした。遊びで何か上手くいかないとき、親の私たちが何かちょっと息子に注意したとき、秒速で大爆発。「大嫌い」「もうこの家で暮らしたくない」など、大きな声で泣き叫び、おもちゃを投げる。そんな時はもうこちらが何を言っても聞こえません。私たちが叱るタイミングも逃すほどの勢いで一人で怒りを爆発させていました。こんな時期が半年ほど続き、私たち夫婦も毎朝息子を起こすことに限界を感じていました。そしてある日、私が早朝出勤で職場の近くを歩いていると、「もう無理だ、この子を保育園には連れていけない」と夫から電話。これで私たちは、二人だけで解決するのは無理だと判断しました。

市の素早い対応

コペンハーゲン市は、子育てで行き詰まった親のためにいくつか頼れる制度があります。私はまず、市の匿名で受けられるファミリーカウンセリングに電話をしました。通勤途中にカウンセリングルームがあるのを見ていたので、その存在を知っていたのです。でも残念ながら、カウンセリングは数週間先までいっぱい。でもとにかく予約をし、次は息子の保育園へ電話。「今日はお休みします」と伝えた後、担任の先生に事情を話すと、児童カウンセラー事務所の連絡先を教えてくれました。思わず涙ぐんでしまった私に、先生が優しく受け答えしてくださったことを今でもよく覚えています。その後、早速カウンセラー事務所へ連絡すると、事情を把握したカウンセラーさんが、担当者を決めて折り返し連絡しますとのこと。その数時間後には、私たちを担当してくれるカウンセラーさんから電話があり、数日後のカウンセリングを予約できました。

児童カウンセラーとの面談

児童カウンセラーさんとは、その後3週間に一度、夫婦でカウンセリングを受けました。息子の日々の様子や、息子が爆発したときの、私たちの対処方法を事細かに説明しました。カウンセラーさんからは、子どもの怒りを信号の3つの色(赤・黄・青)で表し、赤い状態ではコミュニケーションがもう不可能なこと、そしてなるべく赤になる前の段階で、コミュニケーションを取る方法も教わりました。また5歳の男の子は自分の気持ちを素早く言葉にできないことが多いとのこと。息子の様子を聞く限りでは、特に行動に問題はないとのことでしたが、数か月後にカウンセラーさん自ら、森の保育園まで出向いてくださり、息子の様子を観察。保育士さんたちとも話をしてくれました。

ファミリーカウンセリング

ファミリーカウンセリングでも、夫婦のみで子どもとのコミュニケーションについて話をしました。カウンセラーさんからは、忙しい日常では、親子の関係が一方的になりがちなので、一日10分でも、お子さん主導で遊んでみてくださいとのこと。子ども自身も、親子の関係の中で自分の声を聞いてもらえる機会があると、親の言うことも聞けるようになりやすいということでした。なるほど!と、それからはなるべく時間を見て、息子と息子のしたい遊びをするようにもしました。

支援を受けて

児童カウンセラーさんとは結局、半年ほどカウンセリングを続けてもらいました。息子の怒りの原因や対処方法を学んだ私たちも、少しずつ彼の怒りに上手く付き合えるように。山あり谷あり、一歩進んで二歩下がる、のような時間が長く長く続きましたが、誰かに、特に子どもの専門家に話を聞いてもらえることの安心感は絶大でした。そしてこのすべての支援は無料でした。息子の様子ですが、カウンセラーさんの最終的な判断は、いたって一般的とのこと。この年頃の子どもにはよくある状態で、時間とともに落ち着くでしょうとのことでした。そしてあれから2年。ようやく落ち着いてきたように私たちも感じています。今でも癇癪がないとは言えませんが、彼も成長過程の真っただ中。私たちもこの2年間で、親として日々体当たりで成長させてもらったと言えるかもしれません。

 

 

ライタープロフィール:さわひろあや

京都出身。デンマーク・コペンハーゲン在住。11歳女子と7歳男子の母。

 


おすすめ! おふぃすパワーアップの本

「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.13」「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.13」
強力サポート 良い園に入れよう!

もっと知りたい! 子どもの教育・保育環境
預け徹底ナビ-幼稚園・保育園・認定こども園・小規模保育事業・企業主導型保育事業
地域のいろいろな園
幼稚園・保育園・認定こども園・小規模保育事業 地域別リスト
<京都市・向日市・長岡京市・宇治市>
「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.12」「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.12」
強力サポート 良い園を選ぼう!

子どもを伸ばす園の取り組み
預け徹底ナビ-幼稚園・保育園・認定こども園・小規模保育事業・企業主導型保育事業
予防接種についてもっと知ろう
「京都子連れパワーアップ情報16号」好評発売中!「京都子連れパワーアップ情報16号」好評発売中!
創刊25周年記念号!「京都の教育大特集号」
強力サポート 子どもの進路
・キャリア教育・京都の私学紹介・公立高校入試制度・国公立校紹介
特集1:いろいろな習い事&学びの場
特集2:気になる子どもの教育&教育費
「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.11」「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.11」
かしこいママ・パパの園選びを応援!
強力サポート 良い園に入れよう!
「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.10」「京都 幼稚園・保育園・認定こども園情報Vol.10」
かしこいママ・パパの園選びを応援!
こんなに違う!?幼稚園・保育園・認定こども園
京都パパ応援フェア記録京都パパ応援フェア記録
ヒント満載!始めよう、一歩!
主催:京都府
京都府少子化対策キャンペーン事業 第4弾
京都子連れパワーアップ情報15号京都子連れパワーアップ情報15号
親子で本物の京都を体験!「知る・見る・食べる」保存版!
特集1 家族で京都を体験しよう!
特集2 京都の食大特集
特別企画 ファミリーでお出かけ 写真コンテスト作品発表
京都子連れパワーアップ情報14号京都子連れパワーアップ情報14号
「教育特集号」自立できる子どもへ~親の関わり~
保存版!学力UPのお出かけ先いろいろ
特集1 私立・国立小学校&私立中高の魅力 徹底取材
特集2 働くママ必見!学童保育 気になる放課後の過ごし方
特集3 注目の習い事
<特別企画>子どものトラブルどうする!不登校・行き渋り
「京都子連れパワーアップ情報13号」「京都子連れパワーアップ情報13号」
創刊20周年記念 保存版!子どもの医療・相談特集号
特集1 かかってからでは大変!予防接種を受けよう!
特集2 アトピー・アレルギー対処法
特集3 気になる子どもの病気&地域のお医者さんいろいろ
「京都子連れパワーアップ情報12号」「京都子連れパワーアップ情報12号」
保存版!
京都の教育まるごと大特集号
小学校・中学校・高校まで、先が見える情報満載!
「京都子連れパワーアップ情報11号」「京都子連れパワーアップ情報11号」
食まるごと大特集第1弾!
保存版 子連れで行けるレストラン117軒を掲載。
アレルギー対応ありのお店が一目でわかるアレルギー対応マーク付き!多くのパパ・ママからのクチコミ情報もたっぷり!

おふぃすパワーアップの本の購読方法&取り扱い書店

友だち追加

facebook

マザーズジョブカフェ:働きたいママを応援!お子様連れでもお気軽に!(ジョブパーク)

優秀賞 関西ウェブサイト大賞2010 主催:近畿総合通信局・近畿情報通信協議会

パワーアップ教育企画 あすのび教室

おふぃすパワーアップの業務案内。お仕事受けます! 冊子制作/取材・/執筆/テープ起こし/DTP/イラスト/子育て講師など

サイトの終端です。