ページの先頭です

このページの位置です:

TOP  >  編集長ブログ  >  パパの育休取得アップの決め手を考えちゃいました!
編集長ブログ:

パパの育休取得アップの決め手を考えちゃいました!

来年4月入所を控え、今年も保育園入園問題がクローズアップされる厳しい時期を迎えた日本。共働きがどんどん増える中、夫婦にとって保育園入園はまさしく死活問題です。せっかく産んでくれた社会の宝物と言える貴重な乳児を抱え、保育園に入園できるかどうかが不明のままで、心配やイライラ、不安が増すばかりのママたちを見て、切ない切ない!とても第2子を産みたいとは思えない程の必死さが当子育て支援NPO法人が日々行うママたちからの個別入園相談や入園・保活セミナーから伝わってきます。 本当にどうしたらこの少子化問題を食い止めることができるかを、真剣に考えたとき、男性の育児休業取得率を大幅にアップすることこそ、少子化対策の大きな歯止めになる秘策だと思い至った私。それも、2015年度に開始した「子ども・子育て支援新制度」から保育園の入園が点数制になり、公平に保育の必要性が点数の高い順から認められる仕組みにはなったものの、分かりにくくややこしい側面も多々あり、本当に保育園に入れるかどうかのママたちの苦悩は計り知れません。この保育園入園のための点数制と男性の育児休暇促進をからめることで、男性の育休取得率の向上を、二重三重にぶ厚く、根底をしっかりと固めることができると確信したので、概要を綴らせていただきますね。 まだまだ低すぎる男性の育児休暇取得率の現実! 厚生労働省は平成30年5月30日、「平成29年度雇用均等基本調査(速報版)」の結果を公表。女性の育児休業取得率は、前年度比1.4ポイント増の83.2%でした。それに比べ、男性の育児休業取得率は、前年度(平成28年度)比1.98ポイント増の5.14%と、5年連続で上昇し、過去最高となったものの、まだまだその差はあまりにも大きい・・・・・。 数字を見る限りでは、男性の95%程が育児休暇をまったく取得できていないし、取得した5,14%の男性も2,3日くらいもまだまだ多く、女性の育児の大変さが実感できないままになってしまっている現実があります。こういうことでは少子化は止まらないですよね。母親一人が育児も家事もすべて背負うワンオペ育児が増すばかり。こんな状況では、女性もしっかりと働けないし、社会保障費にもなる税金も納められず、国の未来はないといえます! 保育園入園のための申請に、男性育児休暇取得で点数アップが必殺技に 今年度は従来通りなので、潜在待機児童数の解消は図れないでしょう。国は企業主導型保育事業にも力を入れているけど、マスコミ報道にも出たように、開園したものの継続できない事業所も多々出てきてびっくり。もっと質の高い保育園の整備を進めてほしいけれど、保育士不足の問題も含め、現実は非常に厳しい・・・。これからどうなるのかと妊娠中から子育て世代は非常に不安なままです。  そんな中、会社が男性の育児休暇の取得をもっと認め、長い期間、取得できるようになっていくことで、男性が我が子の育児から子どもへの思いと体験が積み重なって深まっていく。このことは、つまり妻が一人で背負っていた大変な労力への感謝と尊敬が増し、家族愛がどんどん大きくなっていくという幸せが社会全体に広がることにもなると思います。 介護離職もどんどん進む中、働きやすく皆で支え合える会社の組織作りは必須ですが、まずは未来を作る子育て支援としても、男性の育児休業促進に具体的に企業にもしっかりと分かるように支援をしてもらう手だてとして、男性の育児休暇取得の点数アップは必殺技にもなるのではと期待します。少しでもママの育児・家事の大変さを実感してもらいたいし、来年度の実施を心より願います。 ということで、具体的にどういうことかを書きます。 1・もしも保育園に入園できなかったら大変!という強い危機感で、1点でも入園申請の点数を上げたいママがパパに強く育休取得を要望する⇒今までは妻に要望されても、職場にはとても言い出せなかったパパたちが、早めに職場に必死で育休取得を依頼する! ★1カ月取得で5点。3カ月取得で8点。半年以上取得で10点など、はっきりと分かる点数付けへ。 2.⇒職場はその依頼を受け入れざるを得ない状況になっていく 3.⇒男性の育児休暇取得は、どんどん広まっていく 4.⇒皆が働きやすく、夫婦共働育児でより良い社会へ 心からそうなることを願います!! 議員さんにもどんどん声をかけて、実現に向けて前へ進むようにします!!

丸橋 泰子(まるはし やすこ)プロフィール

大阪市生まれ。24歳で結婚と同時に京都に移り住む。11年間の専業主婦生活後に京都市主催の託児付き編集講座を受講し、「京都子連れパワーアップ情報」を創刊。熱狂的支持を得てスタートした同誌の発行を継続したいと1998年におふぃすパワーアップを設立。2002年にNPO法人格取得。同年に団体初の京都府あけぼの賞を受賞。現在「京都子連れパワーアップ情報」「京都 幼稚園・保育園情報」「京都 妊娠・出産情報」誌編集長として多忙な日々を送る。京都府・京都市の各種委員を務める。風光明媚な京都市右京区嵯峨に在住。一男(イケメン)一女の母。夫(もちろんイケメン)は呉服卸会社経営者で、公益財団法人船鉾保存会常任理事。


ログイン

新規登録

ユーザ名、パスワードをお忘れの方はこちら

イベントカレンダ

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2018年12月 次月
1
2
3 子連れOK! 園選び・入園セミナー 【幼稚園・保育園】
4
5
6 子連れOK! 保育園入園セミナー 写真スタジオで開催!
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2018-12-19

カレンダの終端です。

イベント一覧を見る
携帯電話からもご利用になれます

友だち追加

facebook

マザーズジョブカフェ:働きたいママを応援!お子様連れでもお気軽に!(ジョブパーク)

優秀賞 関西ウェブサイト大賞2010 主催:近畿総合通信局・近畿情報通信協議会

パワーアップ教育企画 あすのび教室

おふぃすパワーアップの業務案内。お仕事受けます! 冊子制作/取材・/執筆/テープ起こし/DTP/イラスト/子育て講師など

サイトの終端です。